ほうれい線解消NAVI -その原因と消す方法-

【日常生活でほうれい線対策】 紫外線を防ごう

紫外線は、ほうれい線をつくる原因の一つです。
ほうれい線に限らず、紫外線は他の部分のしわや、しみやそばかすといった肌のトラブルの原因にもなります。
できるだけ紫外線を防いで、必要以上に浴びないように心がけることが大切です。

紫外線がほうれい線を作るわけ:
紫外線のUV−Aは肌の奥深くにまで届き、コラーゲンやエラスチンを破壊します。
コラーゲンなどは、肌のはりや弾力を保つ働きをしますので、コラーゲンなどが不足すると肌は老化したるんで、ほうれい線も深くなってしまいます。
また、ヒアルロン酸も破壊されます。
ヒアルロン酸は、高い保湿力をもつので、ヒアルロン酸が不足すると肌が乾燥してしまいます。
乾燥するとほうれい線などのしわができやすくなりますので、化粧水で肌にしっかり水分を与えるとともに、水分を飲んで中からも水分補給しましょう。
特に乾燥肌の方は、飲む水分が不足しがちである事が多いので、意識して水分をとりましょう。

紫外線対策:
紫外線によるほうれい線を防ぐには、できるだけ日光にあたらないようにしましょう。
日傘をさしたり帽子をかぶったりして、紫外線を防ぎましょう。
また、日焼け止めを塗りましょう。日焼け止めは紫外線カットの強さや種類が様々ありますので、自分に合ったものを選び、むらのないように丁寧に塗りましょう。
日焼け止めを塗ると肌は乾燥しがちになりますので、化粧水での保湿を丁寧にした上で日焼け止めを使うとよいでしょう。

日焼け後のお手入れ:
冷たい水で絞ったタオルなどで、肌を冷やします。
日焼けしたと思ったら、できるだけ早めに普段より多めにビタミンCを摂ると、日焼けのケアができます。
また、睡眠をとって肌の疲れを癒しましょう。


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2016 ほうれい線解消NAVI -その原因と消す方法- All Rights Reserved.