ほうれい線解消NAVI -その原因と消す方法-

【日常生活でほうれい線対策】 よい睡眠をとろう

睡眠もほうれい線に関わりがあります。
ほうれい線に限らず、他の部分のしわや肌のトラブルにも、睡眠が深く関わっています。
睡眠を上手にとって、ほうれい線対策をしましょう。

睡眠をとるとよいわけ:
睡眠のほうれい線対策効果は、寝ている間に肌が再生されるということにあります。
肌の新陳代謝を促す成長ホルモンは、睡眠時間に最も多く分泌されます。
特に、午後10時〜午前2時のゴールデンタイムに分泌されますので、ほうれい線対策にはこの時間帯は眠っていることが望ましいのです。
睡眠時間をたくさんとっていても、この時間帯に眠っていなければ睡眠による新陳代謝の効果が薄いので、この時間に眠るのがほうれい線対策に効率よい睡眠といえます。
また、睡眠時間は6時間以上とるとよいので、夜更かしや睡眠不足にならないようにしましょう。
よく眠れた翌日の朝には、肌の調子がよくなっているのを感じられるはずです。
しっかり睡眠をとると、ほうれい線対策ができます。

睡眠不足になると:
肌の新陳代謝を促す成長ホルモンは、睡眠時間に分泌されますので、睡眠時間が足りないと分泌がうまくいかなくなって、肌のターンオーバーに悪影響がでます。
ターンオーバーがうまくいかないと、古い角質が落ちきらずごわごわとした固い肌になり、かさついたり、吹き出物ができたりと肌にとってよくない状態になります。
睡眠不足は、肌の調子を悪くし、ほうれい線も深くします。

睡眠の前に:
睡眠の前には、化粧水とクリームなどでしっかり保湿をして睡眠をとりましょう。
スキンケアをしてから睡眠を取ると、睡眠時間中に肌が回復し、ほうれい線も改善されます。
最近では、睡眠時間に肌の調子を整えるため夜専用の美容液やクリームや、眠る前にほうれい線部分に貼りつけるパックなどもありますので、それらを利用するのもよいでしょう。


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2016 ほうれい線解消NAVI -その原因と消す方法- All Rights Reserved.