ほうれい線解消NAVI -その原因と消す方法-

【日常生活でほうれい線対策】 正しい洗顔方法

毎日のクレンジングや洗顔で、肌を痛めている場合があります。
メイクをしっかり落とそうとしてつよくこすったり、すすぎ残しがあると肌によくありません。
洗浄力の強すぎる洗顔料なども、皮脂を取りすぎて乾燥を招きます。
摩擦や乾燥はほうれい線の原因となりますので、正しくクレンジング、洗顔をしましょう。

クレンジングのポイント:
できればふき取りコットンのようなタイプではなく、オイルやクリームなどを使いましょう。
目元と口元は特に肌がデリケートなので、ごしごしこすらず、なじませるようにして落としましょう。
しっかりメイクでも、じっくりなじませればするりと落ちるはずです。

洗顔のポイント:
ほうれい線が気になる場合は、洗浄力が強すぎる洗顔料よりもやさしく落とす洗顔料を選びましょう。
洗顔料は固形石鹸のほうが穏やかなものが多いのでお勧めです。

洗顔料での洗い方:
1.洗顔料をよくあわ立て、細やかな泡を作ります。顔の上であわ立てるのではなく、手のひらでしっかりあわ立ててから顔に泡を乗せます。
2.手で顔をこするのではなく、泡でなでるようなつもりで、円を描くようにしてやさしくゆっくり洗います。
3.丁寧にすすぎ残しのないように、すばやく落とします。ゆすぐのは、水か人肌よりぬるめに感じる程度のお湯がよいです。熱いお湯をつかうと、それだけでいっぺんに乾燥してほうれい線の元になってしまいます。
4.タオルで拭くときは、水を吸い込ませるようにやさしく押さえるようにします。よく上から下へごしごしとこすりつける方がいますが、その拭きかたをすると、普段の重力の何倍もの力で肌を下へ引っ張っていることになり、たるみを招きますので、絶対に下へこすってはいけません。


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2016 ほうれい線解消NAVI -その原因と消す方法- All Rights Reserved.