ほうれい線解消NAVI -その原因と消す方法-

【お手軽な自力ケア】ほうれい線に効く体操

ほうれい線の予防や対策としては、表情筋を鍛えることが効果的です。
特に頬の筋肉を鍛えましょう。また顔だけでなく、首の筋肉もつけましょう。
頬の筋肉がつけばたるみが押さえられて、ほうれい線を薄くしたり無くすことができます。

ほうれい線に効く、道具を使わずにできる簡単な体操をいくつかご紹介します。
これらはいつでもどこでもできますので、お風呂の中やテレビを見ながらなど、こつこつ体操しましょう。
表情筋の体操をしてみると、普段あまり使われない部分ですので、筋肉痛のような痛みを感じたりしますが、それは筋肉を使えている証拠です。どこを鍛えているのか意識しながらやりましょう。

・ふくれっつらのように口の中に空気をためて膨らませたり、すっぱい時のようにすぼめたりを繰り返す。
・大きくおおげさに、一つ一つはっきりと「あ・い・う・え・お」と言う。
・唇でVの字を作るように、力を入れて口角を上げ、頬を持ち上げる。
・首をぐるぐると回したり、前後左右に傾けたり、首のストレッチをする。
・閉じた口の中で、舌を上下の歯茎に沿わせるように、ぐるぐるとまわす。
  ・唇を右上、左上に持っていくようにゆっくり交互に動かす。


ほうれい線に効く、ペットボトルでできる体操をご紹介します。
500mlのペットボトルの容器に、水を少し入れて歯を使わず唇だけで持ち上げるだけです。
10秒を3セット続けられるようにしましょう。
慣れてきたら水の量を徐々に増やしていきます。
唇だけで持ち上げて口の周りの筋肉を鍛えることは、ほうれい線にも効果的です。

これらの体操は、表情筋を鍛えてたるみをなくすことで、ほうれい線の解消につながるものです。
ほうれい線だけでなく、引き締めによる若返りや小顔効果もありますので、気長に続けましょう。


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2016 ほうれい線解消NAVI -その原因と消す方法- All Rights Reserved.