ほうれい線解消NAVI -その原因と消す方法-

【ほうれい線の基礎知識】 ほうれい線のできやすい人

ほうれい線は、もともとできやすい人とできにくい人がいます。
ほうれい線のできやすい人には、若いころからほうれい線があります。
例として、赤ちゃんや子供でもほうれい線がある場合も見られます。
なぜなら、ほうれい線ができる原因は加齢のせいだけではなくて、骨格や筋肉の付き方、生まれ持った肌質も関係しているからです。

ほうれい線ができやすいタイプの顔立ちは、あごが細長くて小さくきゃしゃだったり、どちらかというとたれ目がちな顔です。
体格は細く痩せている方が多く、太っている方は肉付きでパンと内側から張っているように見えるので、ほうれい線以外のしわも目立ちにくい傾向があります。
また、頬高な顔立ちの方で、頬骨が高いせいではなく頬の肉がぽっちゃりついている方も、ある程度の年齢になるとほうれい線が目立ちやすくなります。
これは、骨格のせいというよりは頬に脂肪が多めだと、重力に負けて垂れ下がってきた時に頬の下に影を作りやすいせいです。

ほうれい線ができやすい肌質は、乾燥肌です。
乾燥肌だと、ほうれい線に限らずしわはできやすくなります。
肌が乾燥していると、紫外線やホコリ、有害なものなど、様々な外的刺激を受けやすくなるので、深くダメージを受けてしわなどになり、それが回復できないまま残ってしまいます。

生まれつきの骨格や筋肉の付き方、体質や肌質によってできやすい人はいますが、それでもケアをすることによって見た目はずいぶん変わってきます。
もし自分がほうれい線のできやすいタイプだと思われる方は、あきらめずにより力を入れてケアしましょう。
きちんとケアをすれば、ほうれい線ができにくいタイプの方と同じくらいにほうれい線を目立たなくすることはできます。


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2016 ほうれい線解消NAVI -その原因と消す方法- All Rights Reserved.