ほうれい線解消NAVI -その原因と消す方法-

【ほうれい線の基礎知識】 年齢別の原因と対策

若い方から年配の方まで、ほうれい線が悩みの方は多くいます。
年齢別に、ほうれい線ができる原因や対策方法を挙げてみます。

10代のほうれい線:
10代でほうれい線ができる原因は、主に乾燥肌です。
他の人がにきびなどで悩んでいる時に、そういった悩みはなかったという方が多いでしょう。
ただ、せっかくにきびなどがなくてもしわがあっては台無しですね。
10代のほうれい線対策方法は、まずは保湿です。
化粧水なども、若い肌用のものでさっぱりしすぎるようであれば、しっとりタイプを選びましょう。
また、夜更かしすることやジャンクフードなどの食事も肌にはよくないので、注意しましょう。

20代のほうれい線:
20代でほうれい線ができる原因は、老化の始まりかもしれません。
また、レジャーやリゾートなどで日焼けすることも多いので、ますます乾燥しがちです。
20代のほうれい線対策方法は、日焼けから肌を守ることです。
日焼けによるダメージからの回復も、10代のころより劣っていますので、できるだけ紫外線を浴びないように日焼け止めクリームなどでカバーし、日焼けした後はすぐに保湿などのケアすることが大切です。

30代のほうれい線:
30代でほうれい線ができる原因は、筋肉の衰えによるたるみです。
20代までと比べて、表情筋が衰えてくるので、しわやたるみが目立ち始めます。
30代のほうれい線対策方法は、たるみを予防したり解消することを意識した体操などです。
表情筋を鍛える体操や、リンパの流れをよくするマッサージなどが効果的です。

40代のほうれい線:
40代でほうれい線ができる原因は、加齢によるもので、ある程度は仕方のないものです。
ただ、肌のお手入れをしているかどうかで見た目は変わってきます。
40代のほうれい線対策方法は、中高年用の化粧品を使うことをお勧めします。
保湿効果が高いものや、しわやたるみをケアする成分が含まれている化粧品を使いましょう。

50代のほうれい線:
50代でほうれい線ができる原因は、加齢によるもので、仕方のないものです。
でも、できれば消してしまいたい、目立たないようにしたいと思われるのは当然です。
50代のほうれい線対策方法は、色々あります。
美容整形で治してしまったり、エステでケアしてもらうのも手です。
または、自分で顔全体のリフトアップをするマッサージなどを行うのもよいでしょう。


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2016 ほうれい線解消NAVI -その原因と消す方法- All Rights Reserved.